Top >  うつ病関連読本 >  プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹する

プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹する

プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹する
近藤 唯之
プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹する
定価: ¥ 795
販売価格:
人気ランキング: 427025位
おすすめ度:
発売日: 1996-10
発売元: 講談社
発送可能時期:
プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するの詳細を見る

プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するはわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するはこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するは読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないのでプロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するのような本が合うのではないでしょうか?

プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するを読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するは自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するを私はオススメします。あなたの生活にプロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するはきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

「―いいか大杉、あの月に向かって打て―」
ひとつの名言、迷言、暴言につき2ページ。いつものとおり、実際にその現場にいたかのように、“脂汗をかきながら”いつもの近藤節で紹介した一冊。

150余の名語録が紹介されている。有名な、二出川審判の「私がルールブックだ!!」、川上哲治の「ボールが止まって見えた」といった名言は勿論収録されている。隠れた名言みたいなものあった。でも、それって名言でもなんでもないだろっ、と突っ込みのひとつも入れたくなるようなものもあったが、まぁそれもご愛嬌。総じて、昔の人の方が簡潔でわかりやすい名言になっているようだ。

なかでも、一番好きなのは、飯島滋弥東映コーチが打席に入る大杉勝男に耳打ちした「あの月に向かって撃て」だ。昭和43年の出来事なのだが、古きよき時代のおおらかさ、大杉と飯島の師弟関係がうかがえる素晴らしい一言だと思う。このエピソードはずっと以前から知っていたのだが、しばらくぶりにこのエピソードを読んでもしみじみいいなぁと思う。

クドサや人生訓が満載の近藤節は、今の時代の選手のエピソード紹介にはそぐわないと感じるのだが、古い時代の選手のエピソードを紹介する分にはOKだ。たった今見てきたかのような近藤節。好き嫌いは別にして、やっぱり貴重な存在です。


言葉の重み
1996年の発刊ですから、随分古いですが我々の年代の者にとっては、そうだったと思い出す事が多いです。134人の勝負師の言葉の重みを感じます。あの頃の選手は、一途な求道的な人が多かったのでしょうか。計算も無く、それを記者が解釈してネタに下きらいはありますが、なかなか深く重いです。近藤唯之流の思い込みが多いですが楽しめます。

プロ野球の住人たちのコトバ
この本はその時代を生きていた人が読めば「あんなこともあった、こんなこともあった」と懐かしく当時を思い出すであろうし、私のようなその時にあった事件や状況を知らない人が読めば「こんなことが起きて、こんなすごい人が野球界にいたんだ」と感嘆すると思います。現在監督をやられてたり今も野球界の住人である人の名語録もあるので今の野球人にしか興味のない人でも楽しめると思います。

プロ野球名語録―勝つ、打つ、守る、そして徹するの詳細を見る

 <  前の記事 パニック障害を治す気功心法―不安障害、社会恐怖、PTSD、うつ…不安の病で苦しむあなたに。 (MARBLE BOOKS―あんどうよしみの「医塾」シリーズ)  |  トップページ  |  次の記事 臨床精神薬理 (第8巻第1号)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/10623

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。