Top >  うつ病関連読本 >  囚われた天使

囚われた天使

囚われた天使
中平 まみ
囚われた天使
定価: ¥ 1,500
販売価格: ¥ 1,500
人気ランキング: 791882位
おすすめ度:
発売日: 1999-07
発売元: KIBA BOOK
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
囚われた天使の詳細を見る

囚われた天使は、大変わかりやすくまとめられています。文章は結構見やすくて、スラスラ読めました。

この本の内容を実践していただければ、本物だということが実感いただけると思います。
囚われた天使は、健康を願うすべて人が、今すぐ読むべき本といえるでしょう。

この本は読んでいて抵抗なくスンナリ入ってきます。
この本は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
囚われた天使は、本の値段以上の価値があると思います。

囚われた天使は、 しかし、読みすすめていくうちに、思わずハッとさせられます。

この本を読んでいて、これは正しいと思っていたいくつものことが、間違いであったことを認識させられました。
囚われた天使の記述内容を生活の中に取り入れると変化を感じると思います。
人生を変えたくなったら、是非、囚われた天使を手にとってください。 初心者に分かりやすい本です。一読をオススメします。

(うつ病ではなく)躁うつ病の躁状態を理解する上で
 この小説家が躁うつ病らしいことは、以前の著作(メランコリア、作品社、1995年刊)でおおよそ分かりましたが、その時は主人公が別名になっていました。
 しかしこの本では、彼女自身の躁うつ病体験をリアルにつづっています。特に前半の、措置入院させられ保護室に入れられたところは、患者さんの貴重な証言として、とても興味深く読みました。ただ、後半は彼女の躁状態での「大奇怪行動」を延々とつづったもので、読むのが少々疲れます。躁状態がどんなものかを理解する上では参考になりますが、ご本人はまだまだ治療をしっかり受けて完全に病気をコントロールしたとは言えない状況のようなので、躁うつ病といかにつき合うか、という点では、残念ながらあまり参考になる本とは言えません。

囚われた天使の詳細を見る

 <  前の記事 うつとはこんな病気です―症状と治し方  |  トップページ  |  次の記事 続 Let’s Enjoyソーウツ病―あわてず!あせらず!あきらめず!  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/10609

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。