Top >  欝(うつ)病克服 >  うつ病は治る病気ということ

スポンサードリンク

うつ病は治る病気ということ

うつ病は、薬や治療によって、8割以上の人が2-3週間で回復に向かう病気ということは案外知られていません。最近のようにうつ病に関して大分理解が進んできていても、まだまだ一般の人々には知られていないうつ病に関する事実なのです。

日本では半分以上ものうつ病患者が治療を受けていないことが問題となっています。精神科を受診することがまだ敷居が高く、気軽に受診できないこと、周りの目が気になるなどがネックとなっているようです。

うつ病になりやすい性格には真面目で責任感が強い性格といわれているように、責任感が強いことから何事も自分ひとりで解決しようと売る傾向があり、病院での受診が考えられないこともうつ病の治療が遅れる原因になっています。

うつ病は一般の人にはわからないことが多い病気のひとつなので、症状についても本人でさえわからないこともうつ病の治療が遅れたり治療されなかったりする原因になります。

うつ病は治療をしないでいると悪化したり、その結果自殺の危険があります。うつ病の症状は、もし治療を受けなければ一年以上も症状が続くこともあるため、もしかしたらうつ病かもしれないと思ったらすぐに病院で受診しましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 仮面うつ病といううつ病の問題  |  トップページ  |  次の記事 うつ病とスイーツ依存症という病気  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9900

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。