Top >  欝(うつ)病克服 >  うつ病と音楽療法(ミュージックセラピー)の効果

スポンサードリンク

うつ病と音楽療法(ミュージックセラピー)の効果

音楽療法とは音楽を聴いたり演奏することで、高血圧や不眠症や神経症など様々な肉体的・精神的な病気を改善させる治療法です。
音楽療法、またはミュージックセラピーや音楽セラピーと呼ばれ、専門的な知識を持った音楽セラピストも活躍しています。

音楽療法がうつ病にも良いとされ、特にモーツァルトの音楽には、生体機能に刺激を与える高周波や精神をリラックスさせる「揺らぎ」が豊富なため、特にリラックス効果が優れてヒーリング効果が高いと言われています。

音楽による治療効果は別に新しいものではなく、かなり古くから知られ行われていました。

また音楽療法は高齢者ケア、引きこもり児童のケアなどの現場でも活発に活動が行われていますし、研修、研究機関を設けるようになって発展しつつあります。

音楽療法の対象には、老人、発達障害者、メンタルヘルス、肉体的障害者、不登校児、学童、幼年期、薬物乱用者、神経障害者など、多岐に渡っています。

特にうつ病でなくても気分が落ち込んでいる時に好きな音楽を聞いて元気ややる気を出したり、不安感を沈めてリラックスしたり、音楽には人を癒したり明るい気持ちにさせるエネルギーのようなものがあるようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病とうつ病になりやすい性格とは?  |  トップページ  |  次の記事 うつ病の身体的症状  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9892

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。