Top >  欝(うつ)病克服 >  うつ病と音楽療法(ミュージックセラピー)

スポンサードリンク

うつ病と音楽療法(ミュージックセラピー)

音楽療法はミュージックセラピーとも呼ばれる、音楽の力で高血圧や不眠症といった様々な病気を改善させる治療法のことです。

音楽、特にモーツァルトの音楽は癒しの効果が高いといわれています。モーツァルトの音楽には、生体機能に刺激を与える高周波、精神をリラックスさせる「揺らぎ」が多く含まれていることがリラックス効果に優れている理由のひとつと考えられています。

音楽による治療効果はかなり昔から知られていたようです。たとえば第二次世界大戦により大量の傷病兵を出した米国は野戦病院で音楽を流したり、演奏したりすると兵士の治癒が早まったという報告があります。その後米国を中心に音楽による治療効果が立証されました。

音楽療法(ミュージックセラピー)は高齢者ケア、引きこもり児童のケアなどの現場でも活発に活動が行われ、研修、研究機関を設けるところも出てきました。

音楽療法(ミュージックセラピー)の対象には、老人、発達障害者、うつ病などのメンタルヘルス、肉体的障害者、不登校児、学童、幼年期、薬物乱用者、神経障害者などがあげられます。

うつ病の治療にも音楽療法は効果的とされています。うつ病でなくても気分が落ち込んでいる時に好きな音楽を聞くと心が安まりリラックスします。また音楽によっては明るく前向きな気持ちになったり、意欲が湧いて元気が出ることもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病と大うつ小うつ  |  トップページ  |  次の記事 うつ病とモーツァルト療法について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9878

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。