Top >  欝(うつ)病診断 >  うつ病とスイーツ依存症という病気

スポンサードリンク

うつ病とスイーツ依存症という病気

「スイーツ症候群」は甘いお菓子を食べないと気がすまない状態で、しょっちゅう甘いものを食べたくなる状態で、女性により多く見られるといわれています。

「スイーツ依存症」になると、甘いものを食べることで精神的、身体的にバランスを取ろうとします。特に精神的にイライラしていると甘いものが食べたくなったり、甘いものがないと禁断症状が出るほどの影響がある場合には、スイーツ依存症よりも深刻な症状の「砂糖依存症」である能性もあります。甘い砂糖は中毒になりやすく、禁断症状を起こすこともあるのでアルコールや麻薬と似ていますね。

砂糖の過剰摂取はカロリー過剰で肥満の心配があるだけでなく、体温を下げ、身体の抵抗力も低下させ風邪を引きやすくなったり、倦怠感、肌荒れなどの代謝異常や、糖尿病や心筋梗塞など病気になりやすくなることも指摘されています。身体の抵抗力が弱まればさまざまな病気にかかりやすく治りにくくなるのは目に見えています。

また砂糖の害はそれだけではなく、うつ病などの精神的影響も受けやすくなるとされています。甘い物を食べて砂糖を摂りすぎると癖になってしまうので砂糖の過剰摂取には気をつけて「スイーツ依存症」にならないようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病は治る病気ということ  |  トップページ  |  次の記事 うつ病の治療は早く始める事が肝心  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9901

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。