Top >  欝(うつ)病診断 >  仮面うつ病といううつ病の問題

スポンサードリンク

仮面うつ病といううつ病の問題

仮面うつ病は、うつ病の症状の中でも特に身体面の症状ばかりが目立ってしまううつ病です。うつ病独特の精神的な症状が表面化せずに隠されているうつ病のことをさします。

身体的疾患の仮面を付けた、「仮面うつ病」ですが、食欲不振、著しい体重減少、疲れやすい、頭痛、手足の冷え、動悸がするなどの症状があるため病院で診察しても医師がうつ病と気がつけずに、うつ病を見逃してしまうこともあるということです。

身体的な症状ばかりが目立つため、しばしば胃潰瘍、片頭痛、更年期障害などといった全くうつ病と違う病気と診断され、うつ病の治療が遅れてしまうことが問題になります。

病院で診断された病気の治療に専念するも症状が良くならず、うつ病が進行してしまうこともあるから恐ろしいです。

うつ病は進行して放っておくと、自殺の危険性が出ることがとても心配されます。

うつ病なのにうつ病と気がつかれずに、別の病気の治療をしていてうつ病の病状が進んでしまうことだけは避けたいものです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病の治療とストレスの関係  |  トップページ  |  次の記事 うつ病は治る病気ということ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9899

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。