Top >  欝(うつ)病診断 >  うつ病の種類/大うつ病と小うつ病

スポンサードリンク

うつ病の種類/大うつ病と小うつ病

うつ病は精神的症状、身体的症状ともにいろいろな症状があらわれます。うつ病の程度とうつ病になってどのくらい経つかによって重症のうつ病「大うつ病」と軽症のうつ病「小うつ病」に分けて考えられています。

一昔前に比べても最近では一般の人々にも大分うつ病についての知識が広まり理解も進んできましたが、軽いうつ病の場合は他人から見るとごくごく普通に見えるため、えてして甘えていると見られたり、さらには怠け者と誤解されたりしがちです。

また本人がうつ病であると思わずに、うつ病の治療を受けそびれてしまい症状が進んでしまうことも多く懸念されます。

うつ病は程度が軽いうちならなおさらきちんと治療を受ければつらい症状が良くなりますし、治療によって治る病気なので早めに診察を受けて治療を受けることが重要なのです。うつ病が重症化してしまう前に治療を受けることで早く治すことができます。

うつ病の症状が進んでしまう前に念のために診断してもらうことも、うつ病の症状について知っておくことが役立つと思われます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病の身体的症状  |  トップページ  |  次の記事 子供のうつ病とうつ病の症状について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9894

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。