Top >  欝(うつ)病診断 >  うつ病の不眠と対策・睡眠リズム

スポンサードリンク

うつ病の不眠と対策・睡眠リズム

うつ病の症状のひとつに睡眠リズムの乱れがひんぱんに現れます。うつ病になるとさまざまな不眠の症状が起こりますが、一般的に不眠のため早朝に調子が悪く、夕方になるにつれて多少良くなってくることが特徴といえます。

またうつ病になると生存本能ともいうべき本能的な働きに一時的に障害が起きるため、食欲や性欲減退が起こります。

うつ病の症状では、物事の暗い面や悪い結果ばかり考えたり、すべての間違いやトラブルは自分のせいだと思い込んだり、自分自身の価値感や自信が喪失されるなどが起こります。

うつ病で自責の念が強くなってくると自殺の問題が心配されます。また1日中起き上がることができなくなったり、人と会いたくなくなり話もしたくなくなったり、食事もしなくなったりまします。食事を取らないでやせ衰え、心身の機能が低下してしまうこともあります。うつ病は普通の落ち込みとは違うので、放置しておくと心身ともに危険になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病の中の軽症うつ病の症状  |  トップページ  |  次の記事 仮面うつ病はうつ病の一種  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9888

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。