スポンサードリンク

« 2008年04月20日 | Top

【最新記事】

軽症うつ病は症状の比較的軽いうつ病のことで、別名「仮面うつ病」と呼ばれています。仮面うつ病は女性の方がかかる率が高いうつ病ということです。

仮面うつ病は、うつ病の中でも精神的な症状より身体的症状がより強く目立って表れることが特徴になります。たとえばうつ病の症状のうちでも頭痛、不眠、食欲不振、腹痛、便秘、下痢、吐き気、しびれ、動悸、腰痛といった身体的症状が目立って現れます。

その反面うつ病の精神的な症状が目立って現れないという、まるで仮面をかぶったうつ病なので「仮面うつ病」の名前がつけられています。

このように体の症状が目立つうつ病でも、気分の落ち込み、意欲の低下、集中力の低下などといったうつ病本来の精神的な症状も見られることが多いといわれています。

うつ病はストレスが高じて起きるので、まずは休養をとることが大事です。仕事を休み、ゆっくりと休養と睡眠をとって、現実から逃避しましょう。軽症であれば仕事を続けながら薬物療法を行うこともできますが、仕事のペースを落とすことでストrス軽減をはかります。

また診療内科や精神科などに通院しながら、抗うつ剤などの薬を飲んで治療をします。うつ病でイライラ感などの症状が強く、自殺願望が強い場合には入院治療が必要になります。うつ病では本人を決して励ましたり、しかったりしないことが重要で、うつ病患者を追い詰めてしまう言動は避けなくてはいけません。うつ病は治療を受ければすぐによくなるからと安心させることが良いと言われています。

スポンサードリンク

うつ病を克服!

うつ病の症状、診断、予防などを正しく理解することでうつ病の対策、克服にも希望が持てます。ストレスが多い現代社会では誰でもかかる可能性があるといわれるうつ病です。あなただけの悩みでは決してありません。


更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo