Top >  欝(うつ)病症状 >  うつ病の身体的症状

スポンサードリンク

うつ病の身体的症状

うつ病の自覚症状は、睡眠障害、睡眠不足、反対に過眠などがあります。その他には、食欲不振、過食、全身の倦怠感、疲労感、吐き気や腹痛、過呼吸症候群、頻脈や心悸亢進、頻尿、口渇、発汗、眩暈、便秘、性的障碍、月経不順といった自律神経や内分泌系のバランスを欠くことで起きる症状などがあげられます。

うつ病の精神的な症状に、抑鬱気分、気分がよく変わったり、絶望感、不安感、焦燥感、自殺観念、心気妄想、罪業妄想などがあります。抑制症状と呼ばれる行動の変化が見られる場合もあり、個人によって変わってきます。

身体的症状の自覚ばかりが目立って、精神的症状の自覚が目立たない状態のうつ病もあり、それは「仮面うつ病」と呼ばれています。またうつ病の症状とともに強迫症状やパニック障害、不安障害を併発することもあります。

うつ病の症状の特徴に、朝の起床時にうつの症状が強く現れますが、昼になるとうつの症状がしだいに軽減されてくるといったことよく起こります。

これではうつ病であると気がつきにくく、朝つらくても午後になると良くなってくるためますますがんばってしまいがちです。うつ病であった場合は早期発見早期治療が重要なので見逃さないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病と音楽療法(ミュージックセラピー)の効果  |  トップページ  |  次の記事 うつ病の種類/大うつ病と小うつ病  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9893

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。