Top >  欝(うつ)病症状 >  うつ病の中の軽症うつ病の症状

スポンサードリンク

うつ病の中の軽症うつ病の症状

うつ病でも程度の軽いものは軽症うつ病と呼ばれ、仮面うつ病とも呼ばれています。仮面うつ病は若い女性に多く発症するうつ病です。

仮面うつ病になると、うつ病の精神的な症状は出ず、体の症状が強く表れることが特徴です。仮面うつ病では頭痛、不眠、食欲不振、腹痛、便秘、下痢、吐き気、しびれ、動悸、腰痛などの症状が見られます。しばしば身体の不調を訴えて病院で診断を受けても何の病気か特定できずに別の病気と診断されてうつ病治療が遅れることもあります。

こうして身体的な症状ばかりがクローズップされる仮面うつ病ですが、うつ病特有の精神的症状気分の落ち込み、意欲の低下、集中力の低下などの症状も同時にみられます。

気分が沈み、落ち込んだり、何をしても面白くない、抑うつ気分や、イライラして落ち着かない不安や焦燥感に駆られたり、自分は何をしてもだめだと思ったり、うまくいかないと悲観的になったりします。考えをまとめることがうまくできない、自己評価も低くなり、物事を悪い方に解釈するようになります。

何をするにも億劫でやる気が出ないといった行動や意欲の低下がみられることも多く、日常の仕事や家事に支障をきたすこともあります。うつ病とは思わない人が多いので、怠け心と思ってますますがんばってしまうので気をつけなくてはいけないのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 小児うつ病の問題  |  トップページ  |  次の記事 うつ病の不眠と対策・睡眠リズム  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9887

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。