Top >  欝(うつ)病症状 >  うつ病の自覚とうつ病の症状

スポンサードリンク

うつ病の自覚とうつ病の症状

うつ病の精神的な症状として、抑鬱気分、気分変動、絶望感、不安感、焦燥感、自殺観念が芽生える、妄想、罪業妄想等があり、抑制症状と呼ばれる行動の変化が見られることがあげられます。精神的・心理的な変化はうつ病本人でも、単なる過労や怠け心かと思ってしまったり、さらには自分に厳しくしてますますがんばってしまうこともあります。すると症状が悪化するので、家族など周りの人も気をつけて、症状が現れたら念のために病院にいくように勧めることも重要です。

うつ病の身体的な症状としては、睡眠障害などで、特に朝早く目覚めてしまってなかなか寝付けなくなり睡眠不足になることも多くなります。

うつ病の身体的症状にはその他、過眠、食欲不振、過食、全身の倦怠感、疲労感、頻脈や心悸亢進、頻尿、吐き気や腹痛、過呼吸症候群、口渇、発汗、眩暈、便秘、性的障碍、月経不順といった、自律神経や内分泌系の症状などもあります。

うつ病のなかには身体的症状の自覚ばかりが強く現れて、精神的症状の自覚が目立たないこともあります。そうしたタイプのうつ病は「仮面うつ病」とも呼ばれています。仮面うつ病の場合には身体的症状からうつ病であると診断されずに、全く別の病気と診断されて治療が始まってしまい、実際のうつ病の治療が遅れてしまうこともあるということです。自覚症状が身体的な症状のみでもうつ病の可能性があるので注意したいですね。

またうつ病では強迫症状やパニック障害・不安障害を併発する場合もあります。

うつ状態がいちばん酷いには朝飽きた直後が多いとされ、その後時間が経つうちに薄れていく傾向があります。そのため朝気分が優れなくても午後になるとうつ病の症状が改善される気がするため、うつ病本人はまたがんばってしまい勝ちなのです。

こうして病院に行きそびれていると治療する機会を逃してうつ病が悪化してしまうこともあります。

うつ病は薬をきちんと飲めば治る病気です。できるだけ早く病院で診察してもらいましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病とストレスとサプリメント  |  トップページ  |  次の記事 もしかしてうつ病?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9883

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。