Top >  欝(うつ)病症状 >  うつ病と不眠と睡眠リズムの乱れ

スポンサードリンク

うつ病と不眠と睡眠リズムの乱れ

うつ病の症状のひとつには、睡眠リズムの乱れが良く見られます。いろいろな不眠の症状が起こりますが、不眠のため早朝に具合が悪く、夕方になると多少良くなってくることがうつ病の特徴ともいえます。

また生存本能ともいうべき本能的な働きに一時的に障害が起きることが原因で、食欲や性欲の低下が起こります。うつ病の症状では、物事の暗い面や悪い結果ばかりに集中してしまい、すべての誤りは自分のせいだと思い込み、自分自身の価値感や自信を喪失してしまうことが起こります。

うつ病であまりに自責の念が強まると自殺の心配も出てくることが問題です。1日中起き上がれなくて寝たきりになってしまったり、人と会いたくなくなり会話もしなくなり、食事も取らないこともうつ病では起こり勝ちになります。食事を取らないでやせ衰えてしまい心身の機能までもが低下してしまうこともあるので、うつ病と疑ったら一刻も早く診察してもらいに病院にいきましょう。うつ病はただの落ち込みとは訳がちがうので、放置しておくと心身ともに危険です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病とモーツァルト療法について  |  トップページ  |  次の記事 軽症うつ病症状とは?軽症うつ病の特徴  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9880

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。