Top >  欝(うつ)病について >  小児うつ病の問題

スポンサードリンク

小児うつ病の問題

小児うつ病の症状も大人のうつ病の場合と同じように食欲不振、体重減少などが起こります。

子供がうつ病になると、体重が増加しない、吐き気、頭痛、腹痛、めまいなどの身体症状なども現れます。イライラしたり、注意力が低下したり集中できなくなる、寡黙になる、不登校、引きこもりが見られることもあります。

子供の起床時の疲れや孤独感、不眠、倦怠感などの症状があっても、まさかうつ病だとは思わないことも多いので、親でも気が付かず、うつ病の治療が遅れてしまうことがあります。うつ病は治療が遅れれば遅れるほど症状が悪化して治るのに時間がかかります。子供の様子がいつもと違っていないか、気をつけて見ていないと見逃し勝ちです。

また、小児うつ病では、物事に興味がわかなくなる、憂うつ感がある、理由もなく悲しくなる、ささいなことにイライラしたり怒りっぽくなったりする症状が起こってきます。その他にも、寝付きが悪くなったり、途中で目が覚めてしまいその後ずっと眠れなくなったり、食事がおいしくない、腹痛や頭痛、疲れやすいなどの症状が単独あるいはいくつかの症状が同時に現れることもあります。

子供のうつ病はちょっとした甘えや過労に見えることもあるため、見逃し勝ちですが、うつ病は子供の場合でも放っておくと最悪の場合自殺につながることもあることもあるので気をつけましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 うつ病対策にストレス解消効果のあるサプリメント  |  トップページ  |  次の記事 うつ病の中の軽症うつ病の症状  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9886

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。