Top >  欝(うつ)病について >  うつ病とは

スポンサードリンク

うつ病とは

うつ病の身体的な症状にはどんなことがあるのでしょう? うつ病の症状として、睡眠障害(特に早朝に目覚め、その後寝付くことが出来ない例が多い)、過眠、食欲不振、過食、全身の倦怠感、疲労感、吐き気や腹痛、過呼吸症候群、頻脈や心悸亢進、頻尿、口渇、発汗、眩暈、便秘、性的障碍、月経不順などの自律神経や内分泌系の症状があります。

またうつ病の精神的な症状として主に、抑鬱気分、気分変動、絶望感、不安、焦燥、自殺観念、心気妄想、罪業妄想等があり、抑制症状と呼ばれる行動の変化が見られる事もあります。

身体的症状の自覚ばかりが目立って、精神的症状の自覚が目立たない状態のうつ病は「仮面うつ病」と呼ばれ、中には強迫症状やパニック障害・不安障害を併発する場合もあります。うつ病の場合は半数近くの方に、朝の起床時にうつ状態が最も強く、その後時間が経つにつれてうつの症状が良くなっていくという経過をたどる傾向があります。

午後になると気分も良くなるので、病院に行く機会を失ってしまい、知らない内にうつ病を悪化させてしまうことが問題とされています。

うつ病は薬を飲むことで治る病気なので、我慢していないで早めに病院に行って診断を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 子供のうつ病の兆候  |  トップページ  |  次の記事 うつ病は治る心の風邪  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/9863

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「うつ病を克服!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。